スポンサーリンク
スポンサーリンク

復縁したほうがいい場合と復縁しないほうがいい場合【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

付き合っている相手から別れを告げられると、別れたくないという思いが強くなります。
一緒に過ごした日々の、何気ない出来事がとても貴重に思えてくるものです。

「もう一度付き合っていた頃に戻りたい、何とか復縁したい」と、世の中には復縁したい人はたくさんいますが、今回はあえて「復縁したほうがいい場合と復縁しないほうがいい場合」についてお話します。

今まさに、失恋した苦しみの中にいて、復縁を望んでいる人に対して「あなたは復縁をしないほうがいい」と言うのはとても心苦しいことです。
でも、あえて復縁をしないことで成長できる場合もたくさんあります。
失恋して反省して、それを学びに変えることで自分自身が成長できます。
成長すれば、次の恋愛に活かせるようになります。
徐々に恋愛で失敗しなくなっていきます。

失恋した時は寂しいし苦しいですから、目先のことに捉われてしまいがちです。
なんとか復縁したいという思いで頭の中がいっぱいになってしまいます。

付き合っている相手から別れを告げられた時、その時こそ考えるチャンスです。
復縁したほうがいいのか、復縁しないほうがいいのか、人それぞれ基準は違うと思いますので、あくまでも僕の話として聞いてください。

結論を言うと、復縁したほうがいい場合は、相手も自分もお互いに復縁を望んでいる時です。
反対に、復縁しないほうがいい場合は、相手が完全に拒否をしている場合、つまりゲームオーバーです。
ゲームオーバーでも復縁できる場合はありますけれど、僕はしないほうがいいと思います。
何故かというと裏技を使ってゲームオーバーから復縁したとしても、結局は同じことを繰り返すケースが多いからです。裏技を使って復活させた場合、一時的に反省や相手に対して感謝もしますが、またすぐにマンネリ化してしまいます。本当に反省していないからです。

お互いに復縁を望んでいる場合はどういう時かというと、相手が言葉では「もう別れたい、もう会いたくない」と言っているけれど、本心では別れたくないと思っている場合です。

相手が拒否してゲームオーバーになった場合は、言葉で「もう別れたい、もう会いたくない」と言っている通り、それが相手の本心の場合です。

同じ言葉なのに、不思議に思う人も多いでしょう。
「もう別れたい、もう会いたくない」この言葉に隠された相手の本当の気持ちを知る方法をお伝えします。

方法は、きちんと反省して、心を込めて謝ることです。
相手も復縁を望んでいる場合は、きちんと謝ることで許してもらえます。
「ポイントは心を込めて」ということです。

相手が復縁を望んでいない場合は、心を込めて謝っても許してもらえません。

謝るチャンスは1回だけです。
付き合っていた時のことを振り返って自分のどこがいけなかったのかきちんと反省して、心から謝ることです。
相手が会ってくれない場合もありますから、LINEで伝えてもいいと思います。
相手からすぐに反応があるとは限りません。
辛いかもしれませんが、反省しながら待ちましょう。

どれくらい待ったらいいかは、あなた次第ですし状況によっても違います。
数か月後に突然連絡がくるという場合もあります。
あるいは一旦友達の関係にしてから2、3年ゆっくり時間をかけて修復してくという方法もあります。そして信頼を取り戻してまた付き合うという場合もあります。

でも、僕がおすすめするのは返事を待つのは1週間です。まぁ、長くても2週間でしょう。
どうしてかというと、間をあける習慣をつけてしまうとうまくいかないことが多いからです。
例えば結婚して、喧嘩する度に別々に暮らしていたら、生活が成り立ちますか? ということです。

喧嘩してどんなに気まずくても、ちゃんと向き合ってできるだけ早く修復するからそれが成功体験になって絆がどんどん深くなっていくものです。

うまくいっているカップルや夫婦に共通しているのは、喧嘩してから仲直りするまでの時間が短いということです。
きちんと謝っても許してもらえない場合、あなただけに原因があるとは限りません。
もしかすると相手が未熟なだけかもしれません。

別れを告げられた時はショックで、眠れなくなったり、食事が喉を通らなくってしまうものですが、冷静に考えるチャンスです。
復縁したほうがいいのか、復縁しないほういいのか、よく考えてみてください。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク