スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋愛と仕事の両立ができない人は完璧主義をやめたほうがいい【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

恋愛と仕事の両立ができないということで悩んでいる人はたくさんいます。
特に女性は、彼氏ができると相手に依存してしまう人も多いです。
彼のことで頭がいっぱいになって仕事も手につかず、気になって気になって抑えられない気持ちですね。

彼に依存しすぎて、仕事も生活もめちゃくちゃになってしまう人もいます。
あげくの果てに彼に捨てられて、気づいたら全てを失っていたという場合もあるでしょう。
そんな辛い経験をすると、「もう恋愛なんてしたくない! 私は、恋愛と結婚を両立できない人間だから、しばらくは仕事だけに集中して生きていこう」そう考える人もいます。

でも人間は、必ず歳をとるもので、20代の頃はしばらく恋愛なんていいやと思っていても、30歳を過ぎて、35歳、40歳と時が経つにつれて自分だけ取り残された気分になって、やっぱり恋愛もしたいと焦ってくる人も多いです。
見た目はそれほど変わっていなくても、早い人だと25歳くらいから自分はもう歳だと感じる女性もいます。
多いのは20代後半からと、30歳を過ぎたころからですね。
外見は変わっていなくても、気持ちの焦りが止まらなくなってきます。

どうして自分は、恋愛と仕事を両立させられないのだろうか、もっと楽に生きたい。
このままだったら多分一生独身でいることになってしまう。
こういう悩みもとても多いです。

今回は、恋愛と仕事を両立させる方法についてお話します。
恋愛と仕事の両立ができない人は、完璧主義の傾向があります。
完璧主義の人は切り替えがうまくできません。
どちらかに意識が傾くと、そのことが頭から離れなくなってしまいます。

男性の場合は、恋愛をしても仕事に意識が傾いてしまう人が多いです。
女性の場合は、仕事をしていても恋愛に意識が傾いてしまう人が多いです。

このギャップがすれ違いを生み出します。
女性は、彼に対して、デートの時も仕事のことばかり考えているという不満を持ちます。
男性は、仕事も大切だから恋愛のことばかり考えていられないという不満を持ちます。

これはあくまでも男女の傾向なので、人によって逆の場合もあります。
女性でも経営者や自分で仕事をされている人は常に仕事のことが頭から離れないという場合もあります。

いずれにしても、完璧主義をやめれば、恋愛と仕事の両立ができるようになると思います。
恋愛に意識が傾いてしまう人は、完璧な恋愛を求めないことです。
恋愛はこうあるべきだ、付き合っているのだから普通はこうだとか、彼は私にこうするべきだ、そういう考えをやめることです。

男性の場合は、仕事への完璧主義をやめることです。
そんなことを言っていたら出世できなくなるとか、仕事が遅れてしまうと焦るかもしれません。
でもよく周りを見渡してください。
恋愛と仕事を両立させてどちらもうまくいっている人は世の中にたくさんいます。
恋愛と仕事の両立ができている人は、まあまあの状態でも自分を認められる人です。
まあまあの状態を認められる人は、仕事と恋愛の両方を楽しむことができます。

完璧を求める人は、先程お伝えしたような男女のすれ違いが起こりやすいので、余計なことを考えてしまったりストレスがたまりやすくなります。

恋愛と仕事の両立ができない人は、完璧主義をやめて、中途半端に状態でも、まあいいかと認めてみてください。
そうすればきっと、恋愛と仕事の両立ができるようになると思います。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク