スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手に向けた感情は自分に返ってくる できるだけ親切にしたほうがいい理由

相手に向けた感情は自分に返ってくる

STARBUCKSに入り、お金を支払ったあと、商品を受け取らずに歩き出した僕に、店員さん爆笑。

お恥ずかしい話ですが、考え事をしていると時々このようなことがあります(笑)。

さて、今日は「相手に向けた感情は自分に返ってくる」について書きます。

怒りの感情を相手に向けると、どうなるでしょうか?

余程できた人でない限り、「ありがとうございます!」という返事は返ってきませんよね。

相手に嫌な感情をぶつけると、相手も嫌な感情で返してくるものです。

逆に親切にすると、相手も親切にしてくれるものですね。

適当な対応をすれば、相手も適当な感じで返してきます。

でも、意識していなければなかなかできないことでもあります。

怒りをぶつけると自分に怒りが返ってくるわけですから、自分が自分に怒っているのと同じです。

エネルギーの無駄ですよね。

毎月送られてくる電気の請求書には金額が表示されていますが、人間のエネルギーの消耗は数字で送られてこないので、なかなか気づきにくいんですよね。

エアコンを使えば電気代がかかるのは当たり前ですが、電気代を高くするために電気を使っているとしたら、それはもったいないですよね。

いつも穏やかな気分でいられればエネルギーの消耗も少ないわけですから、人にはできるだけ親切に、優しく、明るく、接したいものですね。

あ、レジで商品を忘れないように、みなさんも気をつけてください(笑)。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク