スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋愛力アップ いい男との出会い 男性の見極め方5つ

彼氏がほしいけれど「いい出会いがない」。

毎年、夏までにはいい人を見つけようとか、クリスマスまでにはいい男をゲットするとか、新しい年が明ければ今年こそはとか……。

いつも彼氏がほしいとは思うけれど、結局は、「いい出会いがない」が口癖になってしまう。

そして年齢を重ねるごとに、このままずっと1人だったらどうしようという不安だけが大きくなっていく。

自分の人生、周りと比較してはいけないとわかっていても、周りの人達が幸せになっていくのを見ると、つい比べたり、焦ってしまうものですよね。

でも大丈夫です。今からでも遅くはありません。

女性は自分自身の年齢を気にする人が多いですが、50歳になっても60歳になってもモテる女性はたくさんいます。

出産を考えるならば早いほうがいいというのは確かですが、焦ってどうにかなる問題ではありません。

もしあなたが、自分はモテないと思っているのであれば、それはかなり狭い視野で世間を見てしまっています。

実際のところ、あなたがモテないのではなく、自分自身がモテないと思うことで、気づかないうちに恋愛から遠ざかる行動をとってしまっているのです。

もしかするとあなたは、既にいい人と出会っていたのかもしれません。

でも、その素敵な男性の存在に気づかずに、1人でいる選択をした可能性もあります。

あなた自身は遠ざけているつもりはなくても、話しかけづらい雰囲気を出していたり、そっけない対応をしてしまったり、気づかないうちに大切な出会いを逃していることもあります。

あなたの見る目が変われば、素敵な男性を逃すことはないでしょう。

また、いい出会いを引き寄せることができれば、幸せも一歩近づきますね。

引き寄せるといっても何か不思議な力を働かせるということではなく、この男性に声をかけてもらいたいという人にいい印象を与えることで、自然と近づいてきてくれるようになります。

まずは、どういう男性がいいのか見極める力をつけることです。

今回は、いい恋愛や結婚をするために知っておいた方がいい男性の見極め方を5つ書きます。失敗しないための参考としても読んでみてください。

■良いナンパ男と悪いナンパ男

え? ナンパ? そもそもナンパする男なんて最低!

そう思っている女性も多いと思います。

でも、ナンパ男が嫌いという女性に、あなたの好みの男性はどういうタイプですか? と訊くと、行動力があって、自分のことを理解してくれて、優しくて、包容力があって……、とつづきます。

何か疑問を感じませんか?

まず、いいか悪いかは別として、ナンパするにはかなりの行動力が必要です。勇気がないとできません。

女性のことを理解できて、優しくて……、つまり色々な女性を知っていないと、理解できません。

「ナンパ男は嫌い!」と一言で片づけてしまう前に、どういう人なのかということを見た方がいいと思います。

もちろんナンパする男性の中にも最低な人はたくさんいると思います。

でも素敵な男性もいます。

実際にナンパされて付き合って、結婚して幸せになっている人もたくさんいます。

態度が失礼じゃないか。

「ねぇ、今何してんの?」と声をかけてくる男性はNGです。

これは明らかに失礼ですよね。相手のことを何も知らないのに、まるで友達のように話しかけて誘おうとします。

道を聞くふりをして、仲良くなろうとするのも、失礼ですね。

これはよくあるパターンですが、困っているから助けてあげようと思ったのに、その目的がナンパだったらうんざりしますよね。

ナンパであっても、軽いノリではなく、初対面ですから、紳士的な態度でなければなりません。

例えば、「あそこのオシャレなカフェに行ってみたいのですが、カップルばかりで入りづらいので、もし宜しければ僕に少し付き合っていただけませんか?」とか、

「今、急に時間が空いてしまって、もし宜しければ少し話相手になってもらえませんか?」

こういったお願いであれば、まわりくどくなくて、目的がはっきりしていますよね。

僕はずっと営業をやってきて思うのですが、人と関わる以上、生きていること自体が営業だと思います。

ナンパは、営業に例えると飛込み営業みたいなものです。

営業マンが失礼な態度だったり、いきなり商品を押し売りされたら誰だって嫌ですよね。

恋愛も一緒です。

話しかけてくる人を全て拒むのではなく、どういう人なのか見る目を養うのも大切なことです。

ここではわかりやすく初対面のナンパを例にしましたが、会社の中やその他、人の集まる場所で男性から誘われることもあると思います。

声をかけてくる人をバッサリと切り落とすのではなく、少し耳を傾けて、どういう人なのか見る目を養うと恋愛力もアップします。

初対面の場合、相手を見抜くというのはかなりハードルが高いです。

宗教の勧誘や商品の勧誘だったというケースもあるでしょう。

それもひっくるめて、見抜けるようになると、かなり力がつきます。

ポイントは先入観を捨てることです。

■真面目な男性ほど浮気するとヤバイ

女性からすると、恋愛するなら真面目な人がいいとか、誠実な人がいいと思うでしょう。

でも、真面目だから恋愛や結婚がうまくいくかとういうと、そうではありません。

一般的に女性が思う真面目な男性というのは、きちんと仕事をする、浮気をしない、自分のことを理解して気にかけてくれる、などがあげられます。

でも実際、女性が理想とする真面目な男性というのは、羽目を外したり、女性を口説いたりすることもありませんので、恋愛経験が乏しいことも多いです。

恋愛経験が乏しいと、女性のことを理解できません。

仕事を真面目にこなす男性は格好良く見えるかもしれませんが、恋愛は別物です。

仕事のレベルをあげるには覚えることもたくさんあるので、勉強もしますよね。

恋愛も勉強が必要ですが、自分から学ぶ機会を作る人は少ないです。

女性からみて、遊んでいる男性は嫌だと思いますが、女心はわかっていてほしいものです。

ここにちょっとした矛盾が生じます。

恋愛経験が浅いと、自分の感情を押し付けてしまったり、相手の気持ちがわからなければ面倒臭くなって諦めたりします。

真面目そうな男性ほど気をつけてください。

真面目で恋愛経験が少ない男性ほど、我慢して自分の中にため込んでいます。

そういう人が浮気すると手に負えません。関係を修復するというのも困難です。

もちろん真面目な人が悪いということではありません。恋愛経験が乏しい男性と付き合うのであれば、女性のことをあまり知らない可能性もあるということを頭の片隅に置いて、感情的にならないように気をつけましょう。

私のことを理解してほしいというよりも、女性側が男性を立てつつ裏ではリードしていったほうがいい場合もあります。

■黙って俺についてこい男との付き合いは大変

昔は亭主関白が当たり前でしたから、女性が男性に何も言えない家庭はたくさんありました。

男性は、自分がお金を稼いでいるんだから偉いんだという意識だったと思います。

時代は変わっても、女は黙ってついてくればいいんだ、という考えを持っている男性も未だにいます。

育った環境は大人になっても大きな影響を与えてしまいます。

亭主関白の家庭に育った男性は、親がそうだったから無意識にそれが当たり前と思ってしまいがちです。

付き合いはじめは、優しそうだったのに徐々に強引になってきたり、ひどい場合、問題が起こると暴力で解決しようとする人もいます。

例えば、年収が高いから結婚を考えるならこの人、と決めていたとしても、強引で自分の思っていることを何も話せないような男性であれば考え直した方がいいと思います。

条件がいいから付き合うとか結婚するとなると、あとあと女性側が辛い目に合うことも多いです。

条件よりも価値観が大切です。

■ただ優しいだけ男は時間を無駄にする

何でも自分の話を聞いてくれて、いつでも優しい男性もいるでしょう。

付き合っているだけならいいと思いますが、将来のこともきちんと考えなければいけません。

だらだら付き合って気が付いたら、10年が過ぎていたとか、結局結婚できずに別れたとか、残念な場合もありますね。

結婚を考えるなら、将来的にどうしていきたいのかということも話せる関係を築くことです。

出会ってすぐに、将来の話ばかりすると、ひかれてしまうこともありますので、少し時間が経ってから将来について話す時間を作ってもいいと思います。

その時に、今仕事が忙しいからとか、面倒くさがったり、逃れようとする人は気をつけてください。

いつもは優しいのに、将来のことや結婚の話になると遠ざける人もいますので、そういう人と付き合っている場合は、自分自身の中で期限をつけておいたほうがいいでしょう。

■嘘をつく男

男性が女性に嘘をつく場合、面倒くさいからという理由が結構あります。

それを正直に言っても意味がないことだと思っている。大したことではないから嘘をつく、その場合もちろん罪悪感もありません。

でもその嘘を女性が知った場合、なんでそんなことで嘘をつくの? と怒りだしてしまいます。

女性は些細なことでも変化に気づきやすいので、男性を問い詰めたり、感情的になってしまいがちです。

問い詰めたとして、その場ではもう嘘はつかないと約束するかもしれませんが、本心でないことも多々あると思います。

面倒くさいと思う男性は、どんどん気持ちが遠ざかっていっていまします。

嘘がわかったとしても頭ごなしに責めるのではなく、本当に許せない嘘を何度も繰り返す人なのか、許せる範囲なのか、冷静に見極める必要があります。

■まとめ

恋愛も結婚も、諦めたり、我慢している人はたくさんいます。

それだけ男女が理解し合うのは難しいということでもありますが、人を見る目を養えば幸せを手に入れることができます。

小さい頃から学校で勉強したり、仕事は会社に入って覚えて徐々にスキルアップしてきたと思います。

恋愛をわざわざ勉強する場も限られていますし、ほとんどの人は、自分の考えや思い込みでなんとかしようとします。

失恋したり、うまくいかなかったりすると周りの人達は慰めたり同情はしてくれるかもしれませんが、それが本当にあなたの幸せかどうかはわかりません。

恋愛も勉強です。失敗から学ぶことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク