スポンサーリンク
スポンサーリンク

本命になれない女性の特徴 何気ない言動が落とし穴

出会った男性に早い段階で告白されることが多いけれど、実際に付き合ってみたら相手の男性に彼女がいたとか既婚者だったとか、しかもそういうことが何度も繰り返されて自信をなくしてしまう女性も多いです。

単に、「男運が悪い」と片付けてしまうとその後も同じことの繰り返しになってしまいます。

こういう場合もありますね。友達にはなれるけど、告白されず、ずっと友達のまま。

今回は、本命になれない女性の特徴について考えてみましょう。

■仕事の愚痴が多い女性

仕事で嫌なことがあれば誰かに話したくなるものです。

男性と食事をしている時に、つい仕事の愚痴を言ってしまうこともあるでしょう。時々であれば、男性も慰めてくれると思います。でも、会う度に愚痴ばかりだと、うんざりしてしまう男性は多いものです。

この女性と付き合ったら大変そうだなと思われてしまうと、そこそこ仲良くはなれても本命にはなれません。

どうしても不満がたまってしまう場合は、僕に何でもぶつけてください。どんなお話でもしっかりと耳を傾けます。

■肌の露出が多い服装の女性

男性は肌の露出が多い女性につい目がいってしまいますから、肌の露出が多い服装をすることで男性からの注目度はあがります。

でも、肌の露出が多い服装をしている女性を恋愛対象にできないとう男性もいます。

嫉妬深い男性であれば、肌の露出が多いと他の男性からも誘われたりしないか心配になるでしょう。

しつけの問題もあると思います。肌の露出が多い服装はだらしないないと親から言われたり、まわりの人達が言っていたり。

魅力はあるけれど、恋愛対象にはできない。
肌の露出が多い服装の女性に対して、何かとネガティヴに考える男性は多いので、結果的に本命になれない女性になってしまいます。

肌の露出が多いと男性から、簡単に口説けるのではないか、と勘違いされることも多いです。
女性としては何も意識せず単にそういう服装が好きだからという人もいますし、周りがそういう服装だから自分も合わせているという場合もあるでしょう。
これは男性側の先入観ですが、いずれにしても軽く見られてしまうと本命から遠のいてしまいます。

■自分から連絡先を教える女性

男性に大切にされたいと思うならば、自分から連絡先を教えない方がいいです。

多くの男性は、極端に手の届かない女性を口説こうとは思いません。
もしかしたら手が届くんじゃないか、というギリギリの位置が最も価値が高いので、一生懸命になります。

何とか連絡先を交換しようと頑張って、OKをもらえるから達成感があるのです。大変さがあるから簡単に壊したくないと思うものです。

それなのに、ポイと簡単に連絡先を教えられたら価値がガクンと下がってしまいます。

価値が低いと思われたら、本命になれない女性になってしまいます。

もちろん全てではありません。女性から連絡先を教えてうまくいくこともありますが、相手の男性の性格をよく判断してからがいいと思います。

■まとめ

今回は本命になれない女性の特徴を3つ書きましたが、まだまだたくさんあります。
いずれにしても本命になれない女性は、相手の男性と考えていることがすれ違っているだけです。
少し意識すれば、本命になれる可能性は十分にあります。
相手の男性がどういう性格なのか、どういうことが嫌なのか、どうしたら喜ぶのか、コミュニケーションを取ながら聞き出していくといいでしょう。
焦ってガツガツ距離を縮めようとするのではなく、色々と会話をしていく中で相手のことを知っていくことです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク