スポンサーリンク
スポンサーリンク

セックスレス解消の方法 男性と女性の違いが関係を悪化させる

↓この記事を動画で再生する↓

カップルや夫婦で、セックスレスについて悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。
デリケートな問題ですから、誰にも相談できずに1人で悩んでいる方も多いと思います。

今回は、セックスレスを解消する方法についてお話したいと思いますが、その前にですね、悩む必要のないのに悩んでいる人もいますので、先にセックスレス自体が問題ではない、というお話をします。

結構、周りはとか、普通はということに捉われて、セックスレスの自分たちはおかしいんじゃないかと思い込んでいる人もいます。
セックスレス自体が問題なのではなくて、心がつながっていないことが問題なんです。
例え毎日セックスをしていたとしても、どちらか一方が我慢をしているとしたら、それはとても辛いことです。
セックスはしているけれど、心がつながっていないということなんですね。
逆に、セックスレスでも、心がつながっていて幸せなカップルや夫婦もたくさんいます。

お互い一緒にいて幸せを感じるかどうかです。
一緒に買いものに行ったり、一緒に料理を作ったり、一緒に散歩をしたり、ちゃんと会話ができているかどうかも大切です。
2人でいる時にお互い楽しくて幸せを感じていて、お互いにセックスを必要としていないのであれば、セックスレスでも何も問題はありません。
人と比較しないことです。

問題なのでは、2人でいるのに孤独を感じている場合です。
2人の時間を作りたいのに、作ってもらえない。
会話をしようとしても面倒くさがられる。
もしこういう状態で、セックスレスであれば改善したほうがいいと思います。

男性と女性、それぞれの場合についてお話します。
まずは、男性が悩んでいる場合。
彼女、または奥さんにセックスを拒まれるというケースですね。

体調が悪いとか、性欲がない場合を除いて考えられる原因は、女性が1人で不満を抱えているということです。
最初はセックスしていたけれど、セックスが雑で大切にされている感じがしなくなった、だからもうあなたとはセックスをしたくない。
あるいは、セックスだけでなく、人として尊敬できなくなった。
男性と女性では、セックスに求めるものが違います。
極端にいうと男性は相手と喧嘩している状態でも、性欲があればセックスできるという人もいますし、複数の女性と関係を持つことに抵抗のない人もいます。

女性は、心が通じない相手とセックスできないという人が非常に多いです。
ですから、彼や旦那さんに不満を抱えるとセックスするのも嫌になってしまうものです。
そうとは知らずに男性は、更に関係を悪化させる行動をしてしまいます。

セックスを拒まれたことに対して怒りを感じて、強引に迫ったりする人もいますし、セックスを拒むのは女性が悪いと思い込んでいる男性もいます。
彼女や奥さんにセックスを拒まれたら、男性は日々の生活を振り返ってみることです。
仕事が優先の生活になって、寂しい思いをさせていないか。
家事を任せきりにしていないか。
会話をしたり出かけたり2人の時間をちゃんと作っているか。

女性は1人で抱え込んで悩んでいる場合があります。
セックスレスになったからといって、無理にセックスをさせるように仕向けるのではなくて、思いやりをもって毎日接することです。
不満の度合によっては改善するまでに長い時間がかかる場合もあります。
女性の不満を完全に取り除ければ、セックスレスも解消できるかもしれません。

次は、女性が悩んでいる場合です。
彼、または旦那さんが、自分に関心を持ってくれない。
女性として見てもらえない場合です。

これは非常に辛いですね。
考えられるのは、普段家の中を裸で歩き回っているとか、お互い体を触り合うのが当たり前の関係になっている、お互いがそれでよければいいんですけど、セックスに興味がわかなくなる原因の1つです。
あとは、面倒だからといってメイクをしないことが当たり前になってしまったり、洋服にも気を使わなくなってしまうのも原因として考えられます。

他には、こういう場合もあります。
普段からちゃんとメイクもしているし、服装にも気を使って女性らしくしているのに、それなのに、興味を持ってもらえないという場合。
これは、男性が安心してしまっているケースです。
完全に自分のものになってしまったので、本能的欲求が弱まってしまったんですね。

本能的にいうと、男性が女性に体の関係を求めるのは、子孫繁栄のためなので、他の男性より優位に立たないと関係を持つことができないんですね。
他の男性に取られたらどうしよう、と不安になっている時に男性から見てその女性の価値が高くなります。
価値が高まれば性欲が湧いてくることもあります。
ですから意図的に価値を高めればいいんですね。

具体的には、彼と一緒に、あなたが他の男性から注目される場所に行くことです。
一緒にいる時に、他の男性の視線を浴びたりすれば、それを見てぐっと価値があがります。
注意しなければいけないのは、自分から私はモテるのよとか、他の男の人から声をかけられたの、と作り話をしないことです。
作り話でうまく行く場合もありますけれど、関係が冷え切っていると、信じてもらえなくてもっとショックを受ける場合もあります。
自分から積極的に他の男性に声をかけたりするのもやめたほうがいいでしょう。
もっと関係が悪化してしまいます。

あくまでも自然体で、他の男性から注目されているところを彼に見せるということです。
そうすれば、危機感を感じてぐっと価値があがります。

セックスレスは、年齢や体調が原因の場合もありますから、今お伝えしたことが全てではありません。いずれにしても大切なのは、心と心のつながりです。

これから付き合おうか、迷っている相手がいる場合は、性欲のバランスも大切です。
はじめの頃は、我慢できても、長くつづけていると辛くなってしまう場合もあります。
体の相性も含めて考えるのも大切だと思います。
心が通じない場合のセックスレスは、浮気される原因にもなります。

浮気する場合、合理化するものです。
相手がセックスしないから自分は他の人とセックスしてもいいんだ、と。
ですから、普段から合理化の材料になってしまうものは極力つくらないことです。

大切なのは相手を思いやって、心と心のつながりを育てるということです。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク