スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分を売り込むにはどうしたらよいか これができれば恋愛もうまくいく

結論からいうと、「売り込まないこと」です。

恋愛でも、「自分を売り込む」と思ってしまうと、苦痛ですし、相手にも負担が大きくなります。

じゃ、売り込まなかったらどうするの? と思いますよね。

祈ればいいのです!

(笑)

というのは冗談で、

相手が何を望んでいるかを知ることです。

相手が何に困っているのか、相手はどうなりたいのか、どのようなことを好むのか、まずはそこを正確に知ることです。

これができればあとは簡単です。売り込む必要なんて全くないのです。

相手のためになることをするだけです。

この方法を使えば、恋愛もうまくいきます。

売り込もうと考えると、自分の良いところばかりをアピールしてしまいます。

「自分はこんなに凄いんだ」、「自分を選ばないともったいない」……

ついつい自分の感情が先行してしまいますので、結果的に押し売りになります。

例えば、自分はこんなに高い時計をしているんだとか、自分はこんなに優秀なんだとか……。

そこをアピールして、仮に相手が「凄いですね!」と言ったとしても、心の中では、「何この人、私はそんなもの望んでませんけど」と軽蔑していることも多いのです。

まずは、相手のことをよく知ることを徹底すれば、何をしたら良いかが見えてきます。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク