スポンサーリンク
スポンサーリンク

2回目のデートに誘ってもらえない理由

↓この記事を動画で再生する↓

気になる男性から食事に誘われると嬉しいと思います。
仕事の付き合いや友達同士の飲み会ではなくて、これから新たな恋愛がはじまるかもしれないというドキドキした感覚です。

男性から食事に誘われることが多いけれど、なぜか、理由はわからないけれど、2回目の誘いがないという人もいます。

これは男性の場合も同じです。
気になる女性を食事に誘うと大体OKしてもらえるけれど、2回目に誘うと、予定があるとか、仕事が忙しいという理由で断られてしまうとうケースです。

男性でも女性でも、毎回こういうことが続くと落ち込んでしまいますよね。
自分のどこがいけなかったんだろう、失礼な事は何もしていないのに、どうして2回目のデートに誘ってもらえないのだろうと悩んでしまうものです。
1回目のデートの時に、会話が盛り上がらなかったのであれば理由はわかりやすいですけれど、お互いに楽しく会話もして、とても盛り上がって、是非また食事に行こうよと言ってくれたのに、それなのに2回目がないということもあります。
理由がわからないと落ち込んでしまうものです。

例えばこういう理由が考えられます。
外見が自分の好みだったから誘ったけれど、実際に1つのテーブルで顔を合わせたら、思っていたよりも可愛くなかったという場合です。
逆も同じことです。
外見がかっこよかったから食事に着いて行ったけれど、よく見たらあまりかっこよくなかったという場合です。
男性、女性どちらにも言えることです。

外見で判断されるのは悲しいことです。
こういう場合は、表情の作り方を練習することをお勧めします。
顔のパーツが整っていると、きれいとか、かっこいいと思われることが多いと思います。

でもどんなにパーツが整っていたとしても、表情が豊かでなければ、印象がかなり悪くなってしまいます。
表情はとても大切です。
写真で見る印象と実際に会って見た時の印象に開きがあるとがっかりされてしまいます。

自分が普段どういう表情をしているのか知らないという人はとても多いです。
自分では笑っているつもりなのに、本当の笑顔に見られていないという場合もあります。

2回目のデートに誘ってもらえなくて悩んでいる女性、あるいは2回目のデートに誘うと断られてしまう男性は、自分が普段どういう表情をしているのかを知ることで解決のヒントになるかもしれません。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク