スポンサーリンク
スポンサーリンク

「恋愛と結婚は別」は本当か?について【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

昔の日本は、自由に恋愛ができなかった時代もありますし、結婚相手も親に決められた通りにしなければいけない人もたくさんいました。

でも時代が変わって、自由に恋愛ができるようになり、結婚相手も自由に選べるようになり、多くの人にとって喜ばしいことのように思われますが、逆に余計な悩み事が増えてしまったように思います。

その悩み事の1つが、「この人と結婚しなければよかったとういう後悔」です。
昔のように選ぶ自由がなければ、どんなに最悪な状況でもそれが当たり前だから仕方がないと諦めもつきやすいですが、自分が選んだ相手なのに思った人と違ったとなるとそれが悩みになってしまいます。

人として尊敬できるし素晴らしい男性なのに、でも何か違う。
周りの人たちからも、あなたはいい旦那さんと出会って本当に幸せねって、言ってもらえるけれど、自分としてはその実感がない。
このような悩みを抱える女性はたくさんいます。

色々原因はありますが、今回はその1つ「恋愛と結婚を別に考えてしまった」ことによる問題についてお話します。

自分としては、こういう男性がいいという理想がありながらも、親や周りの友達から恋愛と結婚は違うんだから、結婚に相応しい男性を選びなさいと言われてそれに従ってしまうケースがあります。
よくあるのは「経済的に豊で、思いやりがある男性を結婚相手にする」という選択。
でも何が足りないかというと、男性としてときめかないこと。

一見大したことはないように思われがちですし、年齢を重ねるにつれて、結婚にときめきなんて求めるものじゃないという人もいるでしょう。
でも、実際に結婚をしてみると、どんどん不満がたまっていって、私ってどうしてこの人と結婚したのだろう、このままずっとこの人と一緒にいていいのだろうか、このまま私は年をとっていったらどうなってしまうんだろう、という不安やモヤモヤした気持ちが膨らんで、気持ちが押しつぶされそうになる女性もいます。

「恋愛と結婚を別に考えてしまった」ことによる問題はどうして起こるのかというと、
「恋愛と結婚は別」は本当か? という迷いがどこかにあったからです。

「恋愛と結婚は別」は本当か?
その答えはあなた自身の中にあります。
つまり人によって違うということです。

例えば、親や周りの人たちから猛反対されて、貧乏で、不安定な生活をしている男性と恋愛して、やがてその男性と結婚してすごく幸せな人生を送る女性もいます。

一方、親や周りから「恋愛と結婚は別物」と言われて、世間一般に言われる良き結婚相手を選んだのに失敗する人もいます。そして結局我慢できずに離婚してしまう人もいます。

「恋愛と結婚は別」は本当か、本当でないか、に捉われていること自体が大きな問題です。
そのことに捉われている時、あなたは自分を見失っている時です。
あなたの人生を決めるのは、親でも友達でもなく、あなた自身ということをどうか忘れないでください。

リーダーズ・ライブラリバナー

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク