スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性と話すのが苦手 恋愛力アップ 恋愛は練習によって磨かれる

男性と話す時に、緊張してうまく話せないという女性は多いものです。
でも、ほとんどの場合、全ての男性とうまく話せないわけではありません。

自分自身では気づいていなくても、緊張する相手は決まっているものです。
相手を異性としてみてしまう度合いが強ければ強いほど、うまく話せなくなります。

わかりやすい例をあげましょう。

「今日はいい天気ですね」と知らない男性があなたに声をかけてくる場面を想像してみてください。

色々な男性がいます。

例えば、80歳くらいのおじいさんが「今日はいい天気ですね」と話しかけてきたらどうでしょうか?

ほとんどの女性は、緊張もせず、「そうですね。いい天気ですね」と返せるのではないでしょうか。

少年の場合も想像してみてください。
5歳くらいの男の子が、「今日はいい天気ですね」と言ってきたら……。
この場合も、緊張することはほとんどのないと思います。

では、20歳の男性が「今日はいい天気ですね」と声をかけてきたらどうでしょうか?
30歳、40歳、50歳、相手を年齢ごとにわけて想像してみてください。

意識する範囲は女性によって違います。

これは相手の年齢だけではありません。相手の外見、声、話し方、表情によっても変わります。

もしも自分が好きなタイプの男性が「今日はいい天気ですね」と声をかけてきたら、ドキっとしますよね。

■恋愛は練習によって磨かれる

恋愛に慣れていない女性は、相手に嫌われたくない、と意識してしまうから思うように話せなくなってしまいます。どうでもいい相手なら、嫌われたくないなんて思わないですよね。

男性と話すのが苦手な女性は、とにかく練習した方がいいです。練習すれば平気で話せるようになります。
練習と言っても、そんなに難しいことではありません。興味のない男性と話すことです。

■興味のない男性と話して練習する

恋愛経験が豊富で、私はどんな男性とでもうまく話せる! と自信のある女性は、興味のある男性とだけ話せばいいと思います。

でも、もし男性とうまく話せないで困っているのであれば、興味のない男性と話すようにすると練習になります。変に意識しないので話しやすいですよね。

ただ話すだけでは何の練習にもなりません。
ポイントは、相手に話をさせることです。
相手に話をさせるには、質問をするのがいいでしょう。
どのような内容を、どういう話し方で、どれくらいのトーンで、どういう表情で質問したら、相手が答えやすいかです。これは人それぞれ与える印象が違います。

話すのが苦手な女性は何を話したらいいか悩みます。
でも、自分からベラベラ話す必要はないのです。質問をして相手に話をさせればいいのです。

■恋愛につなげるテクニック

モテる女性は質問が上手です。
そして、次に大切なのは、相手の話に合わせることです。
恋愛につなげるにはここが肝心です。

例えば、「趣味はなんですか?」と男性に質問をしたとしましょう。
男性から「野球を見るのが好きなんだ」という答えが返ってきたとします。
それに対してあなたは何と言うでしょうか?
さすがに「あっそ」とは言わないですよね。
野球に興味がない女性は、「そうなんですね……」と言ってしまいがちです。
これは残念です。そこで終わったら、相手は話すこともなくなります。

「野球を見るのが好きなんだ」と言ったら、「私、野球のこと全然知らないんですけど、一度球場に見に行ってみたいって思ってたんですよ。ルールを知ったら、きっと楽しんだろうなぁ。よかったら今度教えてもらえますか」

こういう返しができるようになると、その後の展開がどんどん変わっていきます。
人は共感されると嬉しいものです。この人と気が合いそうだ。もっと話したいと思うようになります。

本当に野球が嫌いだったら、無理をすることはありませんが、違う場所で生まれて、生活してきた環境も違う男女が、はじめから考え方も趣味も同じなわけがないのです。興味がなくてもその人と一緒なら楽しいと思えるかもしれませんし、ルールを知ったらはまるかもしれません。

はじめから全て合っていることを望まないことです。それよりも、この人にだったら合わせてみてもいいかな、と思えるかどうかです。

■まとめ

男性と話すのが苦手な人でも、練習をすれば上達します。
質問をする時は、次から次に質問をするということではありません。
質問をして、その答えに共感し、関連で話題を広げていきます。

あまり興味のない男性と話をする時は、質問をする練習にはなりますが、変に共感すると勘違いされますので気をつけてください。
ある日いきなり告白されたりします。その時に、あたなと話したのは練習のつもりでした、とは言わないでくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク