スポンサーリンク
スポンサーリンク

婚活で女性が気をつけたほうがいいこと【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

婚活している女性は、相手の年収も気になると思います。
でも本当にいくら稼いでいるかは所得証明書がないとわかりません。

最近は婚活サイトを使って相手を探す人も増えていますけれど、サイトを運営している会社によってシステムに違いがあります。
所得証明書と独身証明書の提出を義務にしているところもありますし、提出は任意というところもあります。

婚活で女性が気をつけたほうがいいことを今日は2つお話します。

1つ目は、婚活サイトに既婚の男性もいるということを頭の中に入れておいてください。
独身証明書の提出が必要ない場合は、既婚者の男性もいる可能性があります。
既婚者ではなくても、単に体の関係だけを求めている人もいます。
実際にひっかかる女性がたくさんいます。
体の関係になってから、相手が既婚男性だったと知る場合があります。

どうして既婚男性が婚活サイトで遊べる女性を探すのかというと手っ取り早いからです。
結婚を焦っている女性は、比較的すぐに男性と会ってしまうので、遊びを目的としている男性からすると効率のいいシステムになってしまいます。
男性と女性は、相手に求めることが違いますので、既婚の女性が婚活サイトで遊び目的で男性を探すことは、まずありません。
お金を引っ張るために、利用するということはあると思います。
女性は、心のつながりを大切にしますので、自分が既婚者なのに独身と嘘をつくことがなかなかできません。
これが男性と女性の違いです。

婚活サイトで知り合った男性が、遊びかどうかを見分けるためにもすぐに体の関係にならないことです。
遊び目的の男性は、体の関係になれないとすぐに離れていくのでわかりやすいと思います。

婚活している女性が気をつけたほうがいいことの2つ目は相手の年収です。
プロフィールに書いている金額が本当とは限りません。
所得証明書を提出していれば、直近は本当でしょう。
でも、その人がこの先ずっと同じ会社にいるとは限りません。
来年転職するかもしれませんし、数年後には独立を考えるかもしれません。

所得証明書を提出していたとしても、今の時代は先がわかりません。
婚活している男性の中には既に起業している人も増えてきたと思います。
法人化せず、フリーランスで活動している人もいます。

起業している男性が、いくら稼いでいるという欄に、年商で書いている場合があります。
年商3,000万円とか、年商1億円という数字を見るとなんだかすごく稼いでいるようにも思えますけれど、実際は手元にほとんどお金がない場合もあります。
年商というのはその会社の1年間の売上高です。
売上が大きいからその人がお金持ちと判断するのは危険です。
例えば、300万円の商品を10個売ったら、売り上げは3,000万円ですけれど、その商品を作るために人件費もかかりますし、店舗があれば家賃もかかります。
電気代も広告費もかかります。

年商で書いている場合は、年商で書いた理由があります。
年商1億と書いていても、極端な話役員報酬がゼロということもありえますし、むしろ会社のお金が足りなくて自己資金を会社に貸し付けている場合もあります。
つまり、プロフィールだけではちゃんとした判断ができないのです。

お金持ちの男性と結婚したいのであれば、既にお金持ちの人は、僕はあまりおすすめしません。
何故かと言うと、既にお金持ちの男性はモテますから、女性を探すのにそれほど苦労しません。
たくさんいる女性の中からそういう男性に選ばれるのは大変なことです。
どうしてもお金持ちと結婚したいのならば、今は稼いでいないけれど、これから稼ぎそうな人を見つけることです。
そしてそういう男性がバリバリ働ける環境を作ってあげるといいと思います。
そうすれば、成功した時にお互いに喜びを分かち合えます。

では、どのように、これから稼ぐであろう男性を見分けたらいいかというと、自分勝手じゃない男性、約束をきちんと守る男性、行動力がある男性、愚痴や人の悪口を言わない男性、こういうところで判断したらいいと思います。
もちろん確実なことは言えませんけれど、この4つは大切だと思います。
基本的なことですけれど、基本的なことをちゃんとできる人は仕事でも成功する確率が高まります。

婚活をしている女性が気をつけたほうがいいこと、今日は2つお伝えしましたけれど、外見のいい女性は特に気をつけてください。
外見がいいだけでたくさん男性は近寄ってきますから、それだけきちんと男性を見分ける力も必要ということです。
今、婚活中の女性のみなさん、いい出会いがあることをお祈りします。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク