スポンサーリンク
スポンサーリンク

男性の褒め方 女性の褒め方

女性は自分を磨き、男性は価値のあるものを持ちたがります。

女性と男性の違いはたくさんありますが、お互いの違いを理解しあえれば無駄なトラブルは避けられますし、良好な関係を築くことができます。

女性が男性を見て、何であんなことが楽しいか、と疑問に思うこともあるでしょう。逆に男性が女性を理解できない場合もあります。

女性は毎日化粧をします。綺麗な洋服やアクセサリーを身につけて、ずっと魅力的な女性でいたいと思います。綺麗なモノや可愛いモノについ目がいってしまいます。

女性は自分の見た目や中身を磨こうとしますが、男性の多くはそうではありません。

自分自身の外見や中身を磨くというよりは、価値のあるものを所有したがります。

地位や名誉、車、価値の高いコレクション、その他に、所有という言い方は間違っていますが綺麗な女性と付き合ったり、結婚したいと思うのも同じような心理です。

これらを踏まえて、女性が男性を褒める時、男性が女性を褒める時、どんなことに気をつけたら良いか考えてみましょう。

男女問わず、自分が力を入れていることを褒めてもらったり、自分が興味を持っていることに相手も関心を持っていれば嬉しいのです。

既に書きましたが、女性は毎日化粧をします。綺麗な洋服やアクセサリーを身につけて、ずっと魅力的な女性でいたいと思います。綺麗なモノや可愛いモノについ目がいってしまいます。

ということは、男性がそれらを褒めてあげたり、関心を持っていれば女性は喜びます。

例えば、髪型を変えたり、メイクを変えた時に男性はまず気づいてあげることです。
気づかないでいると、この人は私に興味がないんだと諦めて気持ちが離れていってしまいます。
洋服やアクセサリーも褒めてあげたり、関心を持ってあげることです。

男性にとっては、ほとんど興味のないことかもしれませんが、女性は洋服やアクセサリーを見るのが好きですから、一緒に買い物に付き合ってあげることも大切です。ただついて行くだけでなく、似合っているねとか、可愛いねとか、ちゃんと感想も言ってあげることです。

付き合ったり、結婚していて、女性が買い物に行く時に、男性が一緒に行くよと言って拒否される場合、本心でないことが多いです。あなたと行っても気を使って落ち着かないから1人で買い物に行った方がマシだ。ハッキリ言って邪魔ということです。

本当に分かり合えていれば、1人より2人の方が楽しいはずです。

最悪なのは、髪型、メイク、洋服、アクセサリーをけなすことです。

例え似合っていなくてどうしてもそれを伝えたいのであれば、それも可愛いけど、こっちの方がもっと似合っていると思うよ、とやんわり伝えてあげることです。

女性は好きな人の言ったことを素直に受け入れて合わせようとします。ですから、強制するようなことや否定的なことをいう必要がないのです。

女性が男性を褒める場合も一緒です。

男性が力を入れていることや興味のあることを尊重してあげればいいのです。

仕事を一生懸命やっているのであれば、給料が安かったとしても、褒めてあげることです。

車やコレクション、趣味でやっていることがあれば、それに関心を持ってあげることです。

うまくいかない例は、あんたは何でそんなに給料が安いの、ちゃんと働きなさいよとか、もー全く! そんなにことにお金を使う意味がわからない、と感情をぶつけることです。

男性も女性も同じ人間であることは確かですが、興味や関心は違います。

適当にわかったふりをするのではなく、良いところも悪いことも全てひっくるめてその人なのだと理解し、尊重することです。

>>>上田基訪問(出張)カウンセリング
http://uedamotoi.com/counseling-2

>>>上田基電話相談
http://uedamotoi.com/counseling

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク