スポンサーリンク
スポンサーリンク

早く結婚したい!を叶えるために知っておきたい恋愛に関すること6つ

同棲して数年経って早く結婚したいのに、なかなか結婚の話が具体的にならない場合。
女性は出産を考えると、焦ることもありますね。

多くの女性がイメージするプロポーズは、「結婚しよう」という言葉だと思います。
でも、プロポーズは実は形式的なものと言えるでしょう。
夢のない話をして申し訳ないのですが、最終的な確認です。

結婚の話が具体的にならない場合、何か原因があります。
今回は「早く結婚したい!」を叶えるために知っておいたほうがいいことを書きます。

1.プロポーズしてくれない男性2パターン

同棲してもなかなかプロポーズをしてくれない男性、結構いますよね。でも人によって考え方が違います。ここでは2つのタイプをご紹介します。

<真面目で責任感の強い男性>

約束はしっかり守るし、行動的、しっかり計画を立てて結果を残すタイプの男性。こういうタイプの男性と出会うと女性は、早く結婚したいと思うものです。

普通に考えると、こんなにしっかりとした彼が、中途半端な気持ちで同棲しているわけがない。自分が早く結婚したいことも知っているはずなのに、どうしてプロポーズしてくれないのだろう。

こういった男性は、自分にも他人にも厳しいので、自分の理想の女性になってほしいと思っています。
それをいちいち言葉で言わなくても俺の女なんだからわかって当然だろう、みたいに考えています。もちろん早く結婚したいという気持ちにも気づいています。

女性からしたら、そんなの言葉でちゃんと言ってくれないとわかるはずないじゃん! って思いますよね。これがすれ違いの原因です。
早く結婚したいアピールだけで何もしないで彼に甘えていると、ある日突然、彼から「別れよう」と言われることもあります。

対策としては、「気の利く女性」を目指すことです。彼のためにできることを積極的にしてみてください。

彼が喜んでくれれば、評価がどんどんあがってプロポーズされる確率が高まります。
こういう男性は、繊細で理屈っぽいので、メリットやデメリットをよく考えています。

<穏やかで流されやすい男性>

気を使わなくていいし、一緒にいて楽。
でも優柔不断なところがあって、何を決めるにも時間がかかる。早く結婚したいのに具体的な話にならない。

「男なんだからもっとしっかりしてよ!」と言いたくなることもあると思います。

こういった男性が結婚の話を出さないのは、同棲している現状に満足していて、変化を恐れています。結婚に対して何か面倒くさいイメージを持っていて踏み出せません。

プロポーズ、結婚式、行事、親戚とのつながり、何かと面倒なことが増えるのではないかと考え、同棲している現状に満足しています。
このような場合は、女性の方から行動を起こした方が良いですね。
早く結婚したいと言うだけでなく、具体的に何歳までには結婚したいとハッキリ伝えてください。

既に伝えているのに、何かと言い訳をして先延ばしにされている場合は、「このまま結婚しないで同棲をつづけていくだけなら別れたい」と言いましょう。
それを聞いて男性側が目を覚ますこともあります。

もし彼がそれでも目を覚まさないのであれば本当に別れてしまった方が良いです。
早く結婚したいのならばなおさら時間の無駄です。

2.彼に仕事の愚痴ばかり言っているとプロポーズされない

女性は、仕事で嫌なことがあれば誰かに話したくなるものです。
彼と食事をしている時に、つい仕事の愚痴を言ってしまうこともあるでしょう。時々であれば、彼も慰めてくれると思います。でも、会う度に愚痴ばかりだと、うんざりしてしまう男性は多いものです。男性はただでさえ話を聞くのが苦手な生き物なのに、更に愚痴となると耳をふさいでしまいます。

結婚しても毎日愚痴ばかりの生活なのかな、と彼に思われてしまうと「早く結婚したい」は夢の夢になってしまいます。
どうしても不満がたまってしまう場合は、恋愛カウンセラーに相談しましょう。

3.肌の露出が多い服装の女性はチャンスを逃しているかも!?

男性は肌の露出が多い女性につい目がいってしまいますから、肌の露出が多い服装をすることで男性からの注目度はあがります。

でも、肌の露出が多い服装をしている女性を恋愛対象にできないとう男性もいます。
そもそも告白されるチャンスを逃しているので、早く結婚したいという夢も叶いません。
嫉妬深い男性であれば、肌の露出が多いと他の男性からも誘われたりしないか心配になるでしょう。
しつけの問題もあると思います。肌の露出が多い服装はだらしがないと親から言われたり、まわりの人達が言っていたり。

魅力はあるけれど、恋愛対象にはできない。
肌の露出が多い服装の女性に対して、何かとネガティブに考える男性は多いので、結果的に本命になれない女性になってしまいます。

肌の露出が多いと男性から、簡単に口説けるのではないか、と勘違いされることも多いです。
女性としては何も意識せず単にそういう服装が好きだからという人もいますし、周りがそういう服装だから自分も合わせているという場合もあるでしょう。
これは男性側の先入観ですが、いずれにしても軽く見られてしまうと本命から遠のいてしまいます。早く結婚したいと思うのなら極端に肌の露出が多い格好は避けたほうが無難ですね。

4.自分から連絡先を教える女性は価値が下がってしまう

早く結婚したいと思うなら、出会った時の対応も重要です。
男性に大切にされたいと思うならば、自分から連絡先を教えない方がいいです。

多くの男性は、極端に手の届かない女性を口説こうとは思いません。
もしかしたら手が届くんじゃないか、というギリギリの位置が最も価値が高いので、一生懸命になります。

何とか連絡先を交換しようと頑張って、OKをもらえるから達成感があるのです。大変さがあるから簡単に壊したくないと思うものです。やっとの思いで付き合えたら、この女性を逃したくないと思い、彼の方から早く結婚したいと言ってくれるかもしれませんよ。

それなのに、ポイと簡単に連絡先を教えられたら価値がガクンと下がります。
価値が低いと思われたら、早く結婚したいどころか、本命にすらなれません。
もちろん全てではありません。女性から連絡先を教えてうまくいくこともありますが、相手の男性の性格をよく判断してからがいいと思います。

5.プロポーズは最終チェック

早く結婚したい女性は「結婚しよう」という具体的な言葉を期待してしまいます。
男性が女性にプロポーズするまでに、実は色々なチェック工程があるのです。これはある意味、商品の製造から出荷するまでの過程に似ています。
商品の検品をした後に梱包して、今まさに出荷する段階、その時の最終チェックみたいなものです。

人を商品に例えているわけでなく、考え方や行動を確認しているのです。
プロポーズは、OKをもらえると確信して実行する場合が多いです。だからこそ、その確信を得るために色々な確認をします。
チェック項目の基準になるのは、一緒の将来を想像できるかです。

何を大切にしたいかは人それぞれです。
男性が付き合っている女性に、将来◯◯な生活をしていきたいと具体的な話をしているときは、確認作業だと思って聞いた方がいいでしょう。

男性側も試す意味で話しているわけでなく、無意識レベルです。
女性がどう反応するか、それによってプロポーズに近づくか遠ざかるか決まります。項目は1つではありません。人によって数も違います。

言葉以外にもあります。
例えば、男性が付き合っている女性の部屋に行った時に、無意識に感じ取るものがあります。それは「生活感」です。

ただ付き合っているだけの関係であれば、部屋がどうであれ関係ありませんが、将来を考える相手であれば気にするものです。早く結婚したいと思うならば、彼が確認しているポイントに気づくことです。

6.早く結婚したいと思うなら行動が大切

20代の頃は、将来やりたいことがあるとか、自分にはもっといい人がいるはずだ、と思う女性は多いです。

僕の個人的な考えになってしまいますが、こだわりが強い人は妥協しない方がいいでしょう。
これは人それぞれの価値観ですが、理想が高い人は、無理に理想を落とそうとすると、いずれ不満が爆発します。

恋愛を含め、色々な人生経験をして学べば、相手の欠点も大きな心で見ることができるようになります。
早く結婚したいからといって、無理に理想を落とすのではなく、色々な人と関わること、色々な経験をして学ぶことです。単に経験をするだけでなく学びに変えることです。つまり、後悔や失敗をしたならば反省し同じことを繰り返さないことです。それが学びです。

■まとめ

プロポーズは、何も知らない相手や、一緒の将来を想像できない相手にはしません。
早く結婚したいからといって「結婚しよう」という具体的な言葉だけを待っているのではなく、そこに辿り着くまでの過程が大切です。それは与えられるものではなく、お互いに作っていくものです。

結婚は特別なものではありません。
結婚した日から突然世界が変わったように幸せになるわけではありません。
男性と女性が付き合って、お互いに、この人とずっと一緒にいたいと感じるかどうか。
その通過点にプロポーズがあり、結婚があります。

早く結婚したいのにできないのは、相手の男性と考えていることがすれ違っているだけです。少し意識すれば、結婚できる可能性は十分にあります。
相手の男性がどういう性格なのか、どういうことが嫌なのか、どうしたら喜ぶのか、コミュニケーションを取ながら聞き出していくと良いでしょう。


上田基(うえだ・もとい)
1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。

>>>上田基電話相談

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク