スポンサーリンク
スポンサーリンク

抱きしめることの大切さ【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

理想の恋愛は、一緒に時間を共有するだけで幸せな関係です。
お互いに不安がない状態です。
でも人間ですから、なかなか理想通りにいかないものです。
お互い仕事をしていれば、なかなか会えなかったり、喧嘩をしてすれ違うこともあると思います。
元々は他人ですから、2人の関係を保っていくために会話はとても大切です。

男性は、時間が経つにつれて女性の話を聞かなくなっていきます。
付き合って数ヶ月で、ほとんど会話がなくなってしまうカップルもいます。
そのまま放置していると女性の不満は限界に達してしまいます。
そうならないために、会話がどうしても苦手という男性は、彼女と会っている時に10秒でも20秒でもいいので抱きしめる時間を作るというのもいい方法です。
女性は、セックスよりも大切に抱きしめられているほうが満足するという人も多いです。

ただし気をつけていただきたいのは、この動画を見て、「あ、なるほどね、抱きしめればいいんだ」と思って、いきなり抱きしめると拒否される場合もあります。
もう嫌いになりかけていたり、すごく不満がたまっていると体に触れられるのも嫌という場合もあります。
関係が冷え切っている場合は、しっかりと彼女の不満を取り除くのが先です。

しっかりと信頼関係が築けたうえで、抱きしめる時間を作るといいと思います。
抱きしめる時間を作るのは、会話よりも効果が大きい場合もあります。
話さなくても、つながっている温かさは安心感があります。

中には付き合いが長くて、今更そんなことできないよ、恥ずかしいよ、というカップルもいると思います。
でもいつからでも取り入れることはできます。
2人がそうしようと決めれば、いつからでもできます。
喧嘩したあとに顔を合わせて、ごめんと言いづらくても抱きしめている時にごめんねと言えば早く関係を修復させることができます。

抱きしめるというのは、軽くハグをするのとは違います。
10秒でも20秒でも、2人の時間を大切にしようと思う気持ち、それを共有する時間です。

人間は相手と一緒にいる時間が長くなると、何でも当たり前に思えてしまうものです。
つい自分勝手になってしまいます。
恋愛は1人でするものではありません。
10秒でも20秒でも、抱きしめる時間を作ることでつながっている感覚になれると思います。
毎日簡単にできることです。2人で大切にしようと思えばいつからでもはじめられます。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク