スポンサーリンク
スポンサーリンク

恋愛なんて、と諦めてしまった人が、前に進むための方法

あなたは恋愛を諦めましたか?

過去の恋愛で辛いことがあって、誰も信用できなくなってしまうこともありますね。この世に自分に合う人なんて存在しない。
もう恋愛なんてしたくない、1人でいる方が気楽で自由だ。

本当にそう思うのであれば、この先は読まない方がいいでしょう。

でも、もし、気になるのであればこれから僕が書くことが、何かの足しになるかもしれません。

あなたが過去の恋愛で傷つき、前に進めないでいるならば、新しく恋をしたくなる薬を差し上げましょう。

■信じられるかどうか

どうかイメージしてください。

あなたの目の前に、白い小さな薬が1粒あります。その薬は、どんなに恋愛で苦しんだ人でも、また新たに恋がしたくなる薬です。

飲んでみましょう。

あなた自身の手で、その薬を口に運び飲み込むのです。
しっかりとイメージしてください。
どうでしょうか?

「恋愛がしたくなってきた!」という方は、この先を読まずに、新たな恋愛につなげる行動を考え実行してください。

おそらくこの記事を読まれている多くの方々は、呆れていると思います。
恋愛がしたくなる薬なんてあるわけないし、しかもイメージだけで、効果があるわけないじゃないか! と。

ところが効果があるんです。今、試してもらった薬のイメージはほとんど効果はないと思います。

ポイントは、「信じられるかどうか」です。
同じ話をしても、信じる人と信じない人がいますね。また、誰が話すかによっても変わってきます。
胡散臭い人が話せば信じられないこともあるでしょう。
自分自身が信じられるかどうかです。

人は過去の経験や環境から、何を信じるかが決まってきます。
信じて、思い込んだことはなかなか変えられません。
「思い込み」は人に大きな影響を与えます。それは良くも悪くもです。
例えば、自分は素敵な男性と出会うことが多いと思い込んでいる人は、恋愛に対して積極的に行動できます。
反対に自分は最悪な男性とばかり出会うと思い込んでいる人は、恋愛に対して消極的になります。行動もできなくなります。

たくさん行動できた方が良い結果につながります。良い思い込みが効果をもたらすと言っても過言ではありません。

■自動思考

どうしたら良い思い込みができるのか。
呪文のように、「自分には素敵な出会いがある、自分には素敵な出会いがある」と唱えたり、紙に書いて貼っておくことで思い込める人は、そうすればいいでしょう。

でも僕の経験上、無理に思い込もうとする人は効果が出にくいです。
なぜなら思い込むというのは、言い聞かせてできるものではないからです。思い込みは人を好きになる時の感覚と一緒です。
誰かを好きになる時、
「よし! 今からこの人を好きになろう!」と気合を入れて好きになるものではないですよね。

試してみてください。
あなたが今までに出会った中で1番嫌いな人を思い浮かべて、その人のことを好きになろうとしてみてください。
紙に◯◯さん大好き!
と貼ってみてもいいでしょう。

どうでしょう?
好きになれますか?

思い込みも同じです。
自分は素敵な男性と出会うことが多いと思い込むことも、自分は最悪な男性とばかり出会うと思い込むことも、自動的なのです。

■「感じる」を育てる

良い思い込みをするには、「感じる」を大切にすることです。
五感で感じるのは、自動です。
例えば、美味しいものを食べたら、自動的に美味しいと感じます。
子供の頃は純粋に人を好きになれたのに、大人になって、それができなくなる人は多いです。
それは、結果を求めることで「考える」ことが優先されてしまうからです。
せっかく感じたこともマイナスな思考で壊してしまうのです。
良い恋愛をしたいと願うならば、恋愛をしたいと思える、湧き上がってくる感覚を育てることです。
恋愛に対して否定的な人と関わらないこと、気分が落ちるような話を聞かないようにすることです。
彼氏の愚痴や、旦那さんの悪口を言う人の話を聞いていたら、恋愛や結婚なんてしたくないって思ってしまいますよね。
恋愛なんてとか、結婚なんて最悪なことなんだと思い込んでしまいます。

幸せな人や肯定的な人と繋がりましょう。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク