スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽しさとは一生懸命の裏側にあるもの

↓この記事を動画で再生する↓

何をやっても楽しいと感じない人は、何か楽しいことはない? と周りの人たちに聞きます。

日々の生活に不満があるわけでもないし、ものすごく困っているわけでもないのに、何かが足りないと感じています。

この何か物足りない感じを、楽しさで埋めようとします。
でも、楽しいという感覚は、誰かに与えられるものではありません。
楽しさとは一生懸命の裏側にあるものです。

目の前のことに、どのように取り組むかということです。

どうかマラソンの選手を思い浮かべていただきたいのですが、一生懸命走っています。
走ることが嫌いな人が見たら、何が楽しくてあんなに必死に走っているのだろうと疑問に思うでしょう。

仕事でもスポーツでも芸術でも、どんなことであったとしても、一生懸命に取り組んだ人にしかわからない楽しさがあります。

例えば僕がみなさんに、一生懸命という文字を1,000回書いてくださいと言ったとします。
きっと1,000回書いたらどうなるんですかと結果を求めると思います。
義務と感じたら、苦痛でしかありません。
結果を求めずに、ただひたすら一生懸命にそのことに向き合った瞬間、気がつくことがあると思います。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク