スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生は夢だらけ【カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

子供の頃は毎日が楽しかったのに、大人になってから毎日がつまらなくなったという人もいます。
人生は夢だらけと感じる人と人生はつまらないと考えている人の決定的な違いについてお話します。

大人になってからも人生を楽しんでいる人の特徴は、子供の心を持っているということです。
きっとあなたもそういう人を見かけたことがあると思います。
人の悪口や愚痴も言わずに、純粋な心を持ち、愛さる人です。

人生は夢だらけと思えるワクワクした毎日を手に入れる方法

どうしたらそういう子供の心を手に入れられるのかというと、「結果を求めないこと」です。
たったこれだけのことで、人生は夢だらけに変わります。

あなたが子どもだった頃のことをよく思い出してみてください。
大人になって振り返ってると、どうしてあんなことが楽しかったのだろうか? と疑問に思うことも多いでしょう。
泥水の中に入って服が泥んこになりながら走り回った人も多いと思います。
大人から見ると、何が楽しいのだろうかと疑問に思うような意味のないことでも夢中になって楽しめたはずです。

でも人は大人になるにつれて、結果を求めるようになります。
生きることの意味とか、それをやることに何の意味があるのかとか、それをやったらどうなれるのかとか、どれくらいやったら自分にメリットがあるのかとか、ありとあらゆることに結果を求めます。

この「結果を求めること」が人生をつまらなくしている原因です。
目の前に泥水があったとして、面白いですからどうぞ飛び込んでください、と言ってもほとんどの大人は飛び込みません。
何故なら、飛び込んだ後の結果を想像するからです。
泥水に飛び込んだら服が汚れる。服が汚れたら洗濯もしないといけないし、お風呂にも入らないといけない、そんな面倒なことはできない、だから泥水には飛び込まないという選択をします。

子供は泥水に飛び込む時に服が汚れるとかお風呂に入らないといけないなんてことは何も考えずに行動します。
だからワクワクして楽しいのです。その時の気分は、まさに人生は夢だらけという感じです。

わかりやすい例として、泥水に飛び込むお話をしていますから、僕だって泥水に飛び込んでくださいと言われても飛び込まないかもしれません。
個人的には面白いことが好きなので場合によっては飛び込むかもしれませんけどね(笑)。

物事によって、結果を求める場合と結果を求めない場合があります。
結果を求める割合の大きい人は、人生がつまらないと感じる傾向にあります。
結果を求めると、確実なことしかやらなくなります。
確実なことばかり追い求めると、失敗も少ないですが、学びも少ないです。

意味のないことの中に、新しいアイディアや本当の自分を発見できるチャンスがあります。
ワクワクして人生は夢だらけという感覚が戻ってくると思います。
もちろん限度はありますから、何でもかんでも結果を求めないほうがいいということではありません。

例えば、結果を求めない練習をしようとして走っている車に飛び込んで行ったら、人生は夢だらけどころか本当に夢の世界に行ってしまうことになります。

今日のお話を聞いて、自分は結果ばかり求めているなと思った方は、是非結果を求めない練習をしてみてください。
恋愛にも当てはまります。
せっかくいい出会いがあったとしても、付き合う前からこの人と付き合ったらどうなるという結果ばかりを求めているとチャンスを逃してしまったり、相手を間違えてしまったりすることもあります。

人生は夢だらけと思える人と人生がつまらないと感じる人の違いは、結果を求めずに行動できるかどうかの違いです。
いつからでも楽しい人生に切り替えることができます。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク