スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さな成功体験の積み重ねが大切な理由

小さな成功体験の積み重ね、というと、何となくイメージのつく方も多いと思います。

例え大きな成功を1度手にしても、それが何度もつづくとは限りません。

どんなに大きな成功であったとしても、1回の成功体験だけだと、いずれ壁にぶち当たったときに、「あれは、まぐれだったのかな」と不安になってしまいます。

逆に、小さな成功体験でも何度も繰り返していると、無意識のうちに「自分はできるんだ」という感覚が蓄積されているので、ただ不安になるだけではなく、どうやったらその壁を乗り越えられるか、を考えることができます。

1度の大きな成功よりも、小さな成功体験のほうが重要ともいえるのです。

また、ここでいう小さな成功とは、自分の目指す方向と直接かかわりのない実績でも役立ちます。

例えば、速く走れるようになりたい場合を考えてみましょう。

日頃のトレーニングが影響するのはもちろんですが、過去に勉強で優秀な成績を残した実績があれば、それもまた強みになります。

走ることと勉強は、全く関係のないことのように感じますが、ジャンルは違っても「できた」ことには変わりありません。

大切なのは、「できた」という感覚をたくさん作ることです。

「できた」という感覚がたくさん集まると、自分自身を信じられるようになります。つまり、自信を持てるようになるということです。

夢がなくても、今目の前にあることに一生懸命取り組み小さな実績を作っておけば、いつか意外な力となってあなたの背中を押してくれるでしょう。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク