スポンサーリンク
スポンサーリンク

好きな人とうまく話す方法【恋愛カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

好きな人の前だと意識してうまく話せないということもあると思います。
今回は、好きな人と楽しく会話ができる方法についてお話したいと思います。

スポーツに例えるとわかりやすいと思います。
野球でもサッカーでも、どんなスポーツでも、選手はみんな練習をします。
なぜ練習するかというと、本番で結果を出したいからです。

本番で結果を出すというのは、恋愛も同じです。
好きな人と話すことを本番だとすると、練習が足りないからうまく話せないのです。
中には、こういう人もいると思います。
普段どうでもいい異性とは普通に会話ができるのに、好きな人とはうまく話せない。
こういうお話を聞くと、練習しているようにも思えますけれど、練習の仕方がよくないのかもしれません。

自分がどうでもいいと思っている相手と話す時に、恐らく何も考えないで話をしているので練習になっていないのです。
練習は自分の苦手なポイントを意識するから技術が身に付きます。
色々な人と話すというのは大切ですけれど、ただ単にたくさんの人と話せばいいというものではありません。

まずは自分の苦手な部分を知ることから始めます
好きな人と話す時の自分を振り返ってみてください。
相手は、話が好きな人なのか、話が苦手な人なのか、その相手の表情をしっかりと見ることができるでしょうか。
ただ話すだけが会話に必要なスキルではありません。
その人の表情から察するというのもとても大切なことです。
好きな人と話している時の自分を思い返してみて、相手の表情を見るのが苦手だとわかれば、そこも意識して練習する必要があります。

自分の表情はどうでしょうか。
好きな人を前にした時に、緊張して顔に力が入ってぎこちない笑顔になっているかもしれません。
これも苦手なポイントだとわかれば練習できます。
リラックスして自然な笑顔を作るのも会話にとても大切なことです。

相手の話を聞く時に、人は興味のないことは聞きたがらないものですけれど、新しい知識や考え方を取り入れると自分の幅が広がります。成長できます。
聞くのが苦手だとわかれば、聞くことも練習できます。

あとは話し方や話すスピードも振り返ってみてください。
相手とのバランスが取れているかどうか、ここも練習のポイントになります。

ざっくりといくつかポイントをお話ししましたけれど、自分の苦手なポイントを書き出してみてください。
そして、あまり興味のない異性とも会話してみてください。
自分の苦手なところを意識して練習してみてください。
意識しながら練習を繰り返していると、いざ好きな人と話す時も楽しくお話しができるようになります。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク