スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事で結果を残す方法 自分のエネルギーの使い方

最近は家電も車も省エネが当たり前ですね。

本日のテーマは、省エネについてですが、モノではなく「人」です。

人間にもこの考え方が当てはまると思います。

あなたの燃費はどれくらいでしょうか?

人間の場合は、この燃費を正確に計算することができません。

エネルギーとなる物や量も人によってバラバラです。

食べ物だけでなく、自分の好きなことをやっている時も、ある意味エネルギーの補充と捉えることもできます。

燃費が正確に出ないことで困るのは、エネルギーの浪費に気づきにくいということです。

僕が今日、みなさんに提案させていただきたいのは、自分の「燃費」を意識するということです。

なぜ、こんなことをお勧めするかというと、日常で自分の大切なエネルギーを無駄にしていることが意外と多いからです。

例えば仕事において、あなたにライバルがいたとしましょう。

勝ちたいと思えば思うほど、ライバルの成績を気にしたり、失敗を祈ってしまいがちです。

あなたが超能力者なら、祈って相手に失敗させたり、悪い成績をとらせることも可能かもしれませんが、普通の人間であれば、祈ったところで相手の成績に何の変化もありません。

ライバルを意識することに使うエネルギーはもったいないと思いませんか?

そんなことくらいわかっている、という方も多いと思います。「でも、ついつい……」

そうなんです。

これは、「ついついやってしまうこと」なのです。

ついついやってしまうことをなおすには、「自分の燃費を意識すること」です。

・自分が1日に出せるエネルギーはどれくらいだろうか。

・自分はエネルギーを主にどんなことに使っているだろうか。

・自分はエネルギーを無駄にしていないだろうか……。

浪費しそうになった時に、「あっ、今浪費しそうだ」と気づけばいいのです。

そうすることによって、エネルギーの浪費は少しずつ減らせるようになります。

ここで1つ注意してほしいのは、無駄なエネルギーをなくすときに、上から目線になってはいけないということです。

嫌な相手だからといって、「あなたと話すことが無駄なエネルギーだ」と言ってしまったり、態度に出してしまうと、更に関係が悪化し、無駄なエネルギーを使うことになりかねません。

いかがでしょう、ご興味のある方は是非実践してみてください。

無駄なエネルギーを減らしていけば、大切なことにエネルギーをまわせるようになります。

イコール、自分の望みが叶いやすくなる、ということにつながっています。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク