スポンサーリンク
スポンサーリンク

辛い時の捉え方で人生が変わる

↓この記事を動画で再生する↓

辛いことが全く起こらない人生はありません。
思い通りにいかないことや、辛いことは、なくてはならないものです。

もし辛いことが起こらなかったら、現状を変えようとは思わないものです。
満足はしていなくても、面倒なことやリスクを避けたくなってしまいます。

自分が納得しているのであればいいのですが、もっと理想の自分に近づけたいと思うのであれば、1つひとつの辛い出来事を大切にしたほうがいいと思います。

辛い出来事が起こった時に、早くそこから逃れようと目を背ける人と、辛い出来事は、そこから何か気づきを得るチャンスだと捉える人では、人生が大きく変わります。

辛いことが起こった時、その次の行動を自分でしっかりと考えることが大切です。
自分で考え行動することで、同じ失敗を繰り返さないようになります。

同じ失敗を繰り返さないことが成長につながります。

辛い出来事を乗り越えても、また辛い出来事が起こるかもしれません。
それでも、その壁を乗り越えることでまた成長し、少しずつ、壁を乗り越えるコツがわかってきます。

辛い出来事も、生きている時にしか感じられない貴重な体験です。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク