スポンサーリンク
スポンサーリンク

嫌な仕事を楽にする2つの方法【カウンセラー上田基】

↓この記事を動画で再生する↓

仕事を楽しくするには、起業したり、フリーランスとして好きなことをやっていくのがいいと思います。
とはいえ、すぐにそういう環境を作れないという場合もありますから、今回は現状の嫌な仕事を楽にする2つの方法についてお話します。

まず1つ目は、「すぐにやる」ことです。
嫌だなとか、やりたくないな、と考えている時間をなくして、とにかくすぐにやることです。
考えている時間が長くなればなるほど、「嫌だ」という気持ちがどんどん大きくなってしまいます。
ですから、すぐにはじめることです。
実際に仕事をはじめてみると、大して辛くなかったということも多いと思います。

嫌な仕事を楽にする2つ目の方法は、ゴールを設定することです。
終わりが決まっていれば、嫌なことも乗り越えられるものです。
仕事をはじめる前に、今日はこれとこれとこれをやると決めて、実際にそれ以上頑張らないことです。
よくあるのは、「今日できることは今日のうちにやる」という考えが頭から離れなくて、ついあれもこれもと仕事を増やしてしまう人がいます。
仕事をはじめる前に、やることを決めて今日は定時で帰ろうと決めたとしても結局は残業して気がつけば終電、毎日がこの繰り返しという人もいます。
そしてどんどんストレスが溜まって、更に仕事が嫌になってしまいます。

仕事のできる人は、だらだらと長い時間仕事をしません。
集中力が落ちた状態で仕事をしても、通常の半分か、もしくはそれ以下の成果しかあげられないことも多いです。
だらだらと中身のない仕事をするくらいならゆっくりと休んだほうが明日のためになります。
そのためにも、今日のゴールを設定したらそれ以上の仕事は、やらないことです。

中には、自分でゴールを決めたくても、上司に全て決められてしまうので毎日の残業地獄から抜け出せないという人もいるでしょう。
この場合どうしたらいいかというと、やはり同じです。
しっかりとゴールを設定することです。
全て上司の指示で動いている人は今日1日のゴールを設定することはできません。
ですから、今日1日のゴールではなくて、この会社にいるゴールを設定することです。
例えば、あと半年だけこの会社で仕事をしようとか、あと1年だけこの会社で仕事をしよう。
そういうゴール設定です。

奴隷みたいな扱いをされている会社で一生働きたいと思いますか?
そんな会社にいたら大切な人生を無駄にするだけです。
ですからしっかりとゴールを設定することです。
そして、設定した期間の中で、何を得るかをしっかりと決めましょう。
徹底的に貯金をするとか、仕事でこのスキルを身につけようとか、今はそのための時間なのだと決めることです。
ゴールを決めてしまえば、意外と時間も早く感じられます。
1年後に会社を辞めようと思っていたけれど、その頃には環境も変わって、もう少し続けたいと思っているかもしれません。

仕事が嫌で毎日会社に行くのが辛いと思っている方は、今日お伝えした、「すぐにやること」と「ゴールを決める」この2つを試していただければと思います。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク