スポンサーリンク
スポンサーリンク

相手の承諾を得るには? 食事をしている時はクビを縦に振りやすい

何か人に頼みたいことがあったとしましょう。

相手にOKをもらう確率を高めたいのであれば、その人が好きな食べ物を食べている時が良いです。

食べ始めは食事に意識が集まり過ぎてしまうので、少し落ち着いた頃(食べている途中)に提案やお願いをします。

そうするとYESをもらいやすくなります。

急いで食事をしている時や考え事をしながら食べている時はNGです。

これは食事をおごってあげるから、その見返りにYESがもらえるということではありません。

おごる、おごらないに関わらず、美味しいと感じるものを食べている時、というのがポイントです。

もちろんおごってあげた方が更にYESをもらいやすくなりますが、おごらなくても、美味しいものを食べている時に、多分人は警戒が解けるのだと思います。

僕は今までに何度もこの現象を見てきました。

最初から計算してやっていたわけではなく、ある時、もしかして……

と、気づきました。

もちろん何でもOKがもらえるわけではありませんが、確率は高まると思います。

これは仕事だけでなく、恋愛や友達との関係でも、共通することです。

ただし、あとからやっぱり、と言って断られることもあります。

上田基プロフィール

上田基(うえだ・もとい) 1976年生まれ北海道出身。元・時給850円のフリーター。現・株式会社トップエンドレス代表取締役。家出・家族崩壊・両親自殺・詐欺に騙されるなど波乱万丈の人生を送る。30歳で起業、上場企業をはじめ講演会・個人向けのコーチング・カウンセリングなども行っている。著書は『心が強くない人が仕事で苦しまないストレスフリー思考』<経済界>など4冊出版。恋愛経験も豊富で電話相談では主に恋愛の相談が寄せられている。人気カウンセラーランキングベスト5入り多数。
電話相談バナー

対面相談バナー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク